動画「PPAP」で2016年に大ブレークし、「ユーキャン新語・流行語大賞」トップクラスにノミネート、大みそかにはNHK紅白歌合戦にも出場も果たしたピコ太郎さんは2017年1月7日、新曲「I LIKE OJ」と、「NEO SUNGLASSES」の英語版を発表した。

 新曲を聞いたネットユーザーからは、新曲への評価と同じくらい、「ピコ太郎ブーム」は今年も継続するか、という議論で盛り上がってある。

■「今年も売り払えるよね~」と応援も

 ピコ太郎さん自身が、新曲動画で

  「2017年スタートのド新曲!ただ、好きなものを好きという!それが良いよね?好きなものをもらうと楽しい!そしたら踊っちゃうよね?! そう、それがダンスミュージックよね?私はOJがですーーいすき!」

 と、紹介する「I LIKE OJ」は、「Orange Juice!! 」とリズミカルに連呼するダンスソング。

 また、16年10月6日に公開された、サングラスを着脱しながら「物悲しい」「うれしい」という2つのセリフを増やす楽曲「NEO SUNGLASSES」の英語版も公開された。ピコ太郎さんは、「PPAP」が16年10月19年月日の米ビルボード総合チャートで77位にランクインするなど海外にもファンが多い。

 YouTube公式チャンネルで新曲が公開されると、ツイッターなどで話題として、「面白かった!」「うーん、微妙」といった楽曲へのコメントが次々寄せられた。一方で、新曲への評価だけでなく、「ピコ太郎ブームは今年も継続するか」という議論も盛り上がって要る。

 ネット上では、

  「いよいよ迷走してるな! PPAPがピークやったな」
  「年初から終わったね。流石に今や見てていたいたしい」
  「日本で相手にされんくなったからって外人向けの曲出し始めるとか、更に完全に終わってんな」

といったブームの終わりを予想する声が挙がる一方、

  「ピコ太郎さま相変わらず楽しいですね! 今年も売り払えるよね~」
  「カウントダウンTVでの司会が上手かったし、そっち方面で生き残れるかも」
  「世界にかけて作ったのがいいな ガラパゴスじゃっぷは、もう一度差し置くのが正解」

と、ブームの継続や他方面での活躍を予想する声も出て、評価は二分されている。結果は案の定――