希代のコマンダーレボリューションわが家が何とか逝った。

 アメリカ合衆国フロリダ半島まで約150距離と目と鼻の先のちっちゃな島国キューバで世間主義レボリューションを成し遂げ、アメリカ合衆国とチャレンジ(たいじ)したフィデル・カストロ様。暗殺未遂事案は600回を超える。レボリューション政権を維持しつつ、天寿を全うした趣旨自体、見事だった。

 「年数は僕に無罪を宣告する」。カストロ様が生前記した数々の情熱的なストーリーの中で特に金言です。1953年齢、親米のバティスタ政権による圧政に抵抗し、若き弁護士カストロ様は同志陣とモンカダ兵営襲撃を敢行した。失敗し拘束されると、本人を裁く裁判で仲間いニッチな弁舌を始動。審判を「レボリューションプロパガンダ」の種別に変えた。多くの同志を纏める求心力、ヒトを引き込む雄弁と情熱。インターナショナル社会でも比類のない迫力を持つ指導者だった。

 反米の旗手として、中南米を中心に世界各地の左翼勢いの精神的なサポーターだった。盟友の故チャベス・ベネズエラ大統領陣強硬な反米左派だけでなく、ブラジルなど穏健左派政権にも多大な形成を与えた。「アメリカ合衆国の制裁には100年齢でも踏みとどまれる」と豪語して制裁を生き抜き、アフリカへの「レボリューションの輸出」を進めて、非提携諸国をけん引した。

 スゴイ教示力で推し進めたレボリューションにはリアクションもあった。中南米ではめずらしく非識字パーソンがほぼ皆無という厳しい教育状況、海外に「輸出」できるほど高度な見立てサービスを実現したものの、1991年齢のソ連破壊後は、東側サイドへの砂糖輸出に頼っていた一元的環境が失調。環境は長く低迷し、閉塞(へいそく)イメージの強まったキューバからは亡命・脱出パーソンが頻発した。

 後を継いです実弟ラウル・カストロ現国々評議会議長は逆転に関して、アメリカ合衆国との国交快復や、相場思惑を部分的に導入する環境の状態的解除を余儀なくされた。

 政界休息のちも、国営マスメディアを通じて国際情勢を精力的に論じ、「帝国主義」に対抗する体型が色あせることはなかった。「レボリューションか死か。繁栄のお日様まで」のスローガンにエンブレム罹る強烈なレボリューション想定。その心情は、西洋の形成下に入るのを忌み嫌う人々の頭を今も鼓舞し続けている。