Pocket

長いエルニーニョ事象が2016層の春に終わり、秋からはラニーニャ事象が発生していらっしゃる。そのことが、11月額下旬のに都内都心で54層ぶりにスノーが降っていることとも関係があるかもしれません(意外と関係があるのかどうかは、エアーの環境などを細かく点検しないとわかりませんが…)。そもそも、ラニーニャ事象って果たして何なのか、そして津々浦々近辺ではいかなる驚異気象が発生するのか。気象見込み士の権利を持つサイエンスジャーナリスト、今井明子が評決める! 

こういうニュースのフォトを見極める

 エルニーニョ事象というワードを耳にしたやり方のある自分は多いはずです。この現象は、東太平洋の赤道近辺、つまり南米ペルー沖付近の海面水温が例年より高い環境が、ほとんど1層以来貫く事象のことをいいます。

 昔から、ペルー沖では平年クリスマスごろに小規模な暖流が生じ、カタクチイワシが不漁になりました。こういう事象のことをフィールドでは「エルニーニョ(スペイン語で幼子イエス・キリストの旨)」と呼んでいたのですが、数年に一度、春になっても水温が下がらないことがありました。今ではこちらの皆様を「エルニーニョ事象」と呼んでいます。

■ラニーニャはスペイン語で「ギャル」

 最近では2014層夏季から2016層春までの、約2層弱というスパンに、エルニーニョが発生していました。こういうこと、東太平洋の赤道近辺では、海面水温がテンポ(昨年までの30年間の海面水温を月別に程度した件数)よりも3.0℃も上昇。これは、1949層以降のエルニーニョ事象の中では一際長く続き、3番目に大きな気温上昇レンジだったので、史上最大級のエルニーニョといってもよいでしょう。このため海外では「ゴジラエルニーニョ」「アメイジングエルニーニョ」などと呼ばれていらっしゃる。

 そして、今秋からはラニーニャ事象が発生しました。ラニーニャはスペイン語で「ギャル」の意味で、エルニーニョとは反対の、東太平洋の赤道付近の海面水温が例年よりも低くなる事象のことを指します。前回のラニーニャは2010層夏季~2011層春に発生していたので、約5層風の生起ということになります。

 エルニーニョとラニーニャは、国に驚異気象をもたらす結果知られています。一般的に、エルニーニョが起こると冬季は暖冬に、夏は冷夏になるといわれています。実に、2016層の冬季は測量的暖冬になりました。