パチンコホールチェーン「べラジオ」が2月4日、従業員が不適切な行為を行っていたとしてオフィシャルサイトで謝罪しました。ネット上で暴露された店長のサクラ(打ち子)募集疑惑が関係しているとみられます。

 きっかけはある人物がWEBに暴露したLINEときのやりとり。べラジオ横堤店の店長と思われる人物が「スロットとカラダで稼ごうや!」などと、打ち子をやらないかと持ち掛けて要る内容でした。

 打ち子は指示されたパチンコ・スロット台を働き手に代わって遊戯するアルバイトのようなもの。今回は投稿者がWEBの掲示板で知り合った店長から、「高設定の台を打たないか」と誘われ、LINEでのやりとりに発展したようです。

 流出したLINE履歴には過去にもそういった打ち子を雇っていたと記されてあり、出玉(利益)は店長との折半、持ち逃げしたら顔認証システムで全国指名手配するなど生々しいやりとりが暴露されています。また投稿者から「どうしてサクラを雇っているのか」を聞かれると「遊ぶ金が欲しいから」と答えていました。

 さらに店長はやりとりの中で頻繁に肉体関係を差し迫るようなメッセージも送ってあり、一連のやりとりについて批判が相次いでいる。

 そんな中べラジオはオフィシャルサイトに「ベラジオ横堤店従業員の不適切な行為についてのお詫びとお知らせ」を掲載。横堤店の従業員が不適切な行為を行ったことについて謝罪しています。現在経緯の確認を行っているとしていますが、「不適切な行為」が何をさすのかについては触れられていません。

 これを受けて編集部が本社に問い合わせたましたが、「(不適切な行為の)詳細については事実確認中だ」としか回答せず、不適切な行為が何をさすのかについては言及を遠ざけました。