“アッコ落選”の余波が依然見える。

 27日のワイドショーや情報バラエティーも、今年のNHK紅白歌合戦に和田アキ子(66)が落選したことを軒並み取り上げたほど。おんなじホリプロに所属始める女医の西川史子は「ホリプロ内はかなりザワザワしてます。アッコさんの功績を考えて、本当に花道を飾って与えるべき」とNHKを公然と批判。どうも、NHKとホリプロとの間に“しこり”ができるほど、今回の選考は揉めてしまったらしき。

「バラエティー番組などで“ご意見番”のイメージが著しいアッコさんですが、『自分は歌手』という強烈な自負があるんです。だから、音楽番組の代表でもある紅白は“思い入れ”があった。そのため、歌う前は子犬のようにグラグラ揺れるほど緊張を見せつけるんです。終われば、顔なじみの記者や中らとワイワイやるのが恒例でした。それだけに、本人のショックは弾き知れません」(スポーツ紙記者)

■「見たくない」は異例の発言

 当の和田は、26日のラジオ番組で「毎日泣いた」「今回は(紅白を)見たくない」「(年末は)海外に行きたい」「NHKはスクランブルをかけてほしい」と冗談ながらも怒りをぶちまけて要る。元々、紅白を引退した北島三郎が「大みそかは家にいたが、紅白は見なかった」と告白したことはあったが、始まる前から「見たくない」と宣言するのは異例です。

 きちんとショックなのは分かるが、過去にはひとまず紅白を辞退した島倉千代子が、「人生いろいろ」のヒットによりもう一度紅白に出場した例もある。和田だって又もやヒット曲を出せば、復帰できる見通しは起こる。しかし、今回の「見たくない」宣言がNHKサイドを刺激した可能性があるという。

「先ず落選したからといって、NHKに後ろ足で砂をかけるような物言いはマナーが悪すぎる。実は、紅白に強い影響力を持つ“芸能界のドン”も以前からアッコさんを落としたがって頂けに、“紅白復帰”はややないかもしれません」