Pocket

警視庁組織犯罪対策5課は28日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、歌手のASKA(本名宮崎重明)容疑者(58)を逮捕した。ASKA容疑者は2014年9月、同法違反と麻薬取締法違反の罪で懲役3年、執行猶予4年の判決を受け、執行猶予中だった。ASKA容疑者のブログにはファンから「どうしてもやっていたのか」という悲嘆の声や、「信じている」との声など悲喜こもごもの声が相次いでいる。

 裏切られたという思いのファンは「何となくまだ使っていたのだなととても冷静にあなたのことを見てある。あなたの言動は常に胡散臭いよ。だれが見ても面白いよ。覚せい剤をまだまだ訴えるのですね。予想は出来ていましたが残念です(中略)ご家族やCHAGEさんや周囲の方々。あなたを待っていると言っているファン達を何度裏切ったら見抜くのですか。今度こそ、さよなら。意外と大好きでした。あなたは大馬鹿野郎だ」と決別を宣言した。

 ほかに「また裏切ったのですね。もっとさらに覚せい剤はやりませんという言葉を信じた自分がか細いだ」という声もあった。

 反対に「あなたを信じてます。どんな時もファンだからね」「信じています」「アスカさん、信じて良いの?陽性はないの?信じたい」「あなたの歌のデリカシーが好き。それだけがわたしの真実です」「ASKAさんを任せるし待ってる 絶えず待ってる」などと潔白を任せる声も多数、見られた。